« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月16日 (月)

地位の低さ、というか

大坪しゃん、ワザワザコメントありがとね^0^

さて、ナレーターという職業である。
テレビ番組だけでなくCMのナレーションもし、声優のようなこともやるのである。
しかし、その地位というか、認知度の低さというか、労働基準法にも決して
守られることはないのである。

例えばラジオCMで、そのCMがACC賞金賞などという、そこそこの賞を取ったとしても、
表彰されるのは、クライアントと制作会社と、そやな、監督くらいなのである。

ラジオCMは、「音声」だけで表現されるのである。
つまり我々の役割はかなり「重要」なはずなのである。
キャスティングいかんで、CMのテイストも変わるはずなのである。

にも関わらず、我々が表彰式に呼ばれることはないのである。
「いいんだ、いいんだ~別にいいんだ~><」とイジケルのである。

だから「独自の賞」を作ってやろうと思っている。
アカデミー賞が、わずか数人で始まったように。

きっと色んなものが硬直してるんだろうな。
だからラジオCMに魅力がなくなってきたように思う。

ラジオに、ラジオCMに新たな魅力というのか、
見せ方を変えるというのか、衣装や化粧を変えれば、
おもしろいメディアになると、僕は信じているのである。

「音声のみの表現」って、おもしろいんだぜ^0^

2004年8月15日 (日)

DJて何?

DJてさ、今はクラブで、それこそDISCを操る人ってとこなんでしょうが、
未だに蔓延ってる?のがFMラジオの「DJ」。

もはや彼・彼女らはDISCを操ってはいないのだ。
DJではなく、言えば、パーソナリティなのだ。

で、大体はうそ臭いことか、奇麗事を話してるのね。
で、大体は嘘ばっかりいってるのが、ナレーターなのね^^;

そんなジレンマとはオサラバしたはずなんですけどねえ・・・。


2004年8月14日 (土)

JRAの仕事

年に2度、CSのグリーンチャンネルで放送される番組の仕事をしました。
「春・秋の激闘譜」というのが番組の名前です。

いつ放送なんかな・・^^;
たぶん、来週あたり・・・と言ってもペイテレビですから、見られる人は限定されますが。
ええ、僕も加入してません・・・っていうかぁ、競馬自体ごくたまにしかやらない・・・^^;

ポニーキャニオンから4月21日発売の「アグネスデジタル~異能の名馬」っつうのもあります^^
ついでに、「M1グランプリ2002」「M1グランプリ2003」のDVDも私、ナレーションやってます^^

なんや宣伝になってもうたがな。
もちろん売れようが売れまいが、私には関係ないんですけど。

2004年8月10日 (火)

ナレーションという仕事

和訳は一応「朗読」と言うようですが、
ざっと分類すると、テレビ番組、VP(http://nabenori.jugem.jp/に関連ブログ)、
テレビ・ラジオのCMに分けられます。

このブログをやり始めて、「さて、何を書くべ?」と考えた時、
あらためて、「ナレーションとは何ぞや?」というテーマにぶち当たりました。

うむむ。

「しかし!」「その時!」とやたら『煽る』文言を使い、
もちろん『煽る』ナレーションをする・・・。
視聴者がより興味を持ち続けるように・・・のためなんですが。

「このあと、マジ切れ!!」とか『煽られて』、いざCMが終わり、
さあ、「どれでけマジに切れてるねん!?」と期待をしたのは最早昔・・・。

視聴者はいい人ばかりなんだ、きっと。
「ハイハイ、それほどでもないんでしょ」と思いながら、
やっぱ見てしまったりする。それでも「騙された!」と怒らない。

だってテレビですから!残念!とギター侍のネタになるくらいか。

でも、視聴率を稼ぐ、上げるためにやってきた様々な方法が、
きっとテレビの首を絞めているに違いないと、僕は思うのですが、
それでも、私はテレビの仕事をしているので、好きなんだテレビが、
せめて、CM明けの「内容」を見てから、
「この後、とんでもないことが!」とナレーションするようにしたい。

ええ、この間から、そうするようにしました^^;
今頃かい!!

2004年8月 3日 (火)

声優になりたい!?

関西には「声優」というカテゴリーはない。
「声優」らしきことはするけれど、「声優」はいない。
「声優」という職業は、東京にしかない。

僕は昨年、東京で声優のオーディションを年甲斐もなく受け、
見事に玉砕したけれど、ナレーターとは違う「技術」が必要だと思った。

声優で飯は食えない。ほとんどの人は。たぶん。
僕はあまり声優のことを、実は知らないけれど、
10代や20歳そこそそこで有名な声優って、いないんじゃない?
いたとしても、ごくごく稀な存在だと思う。

何故か。
それは技術習得に時間がかかるから。
その人が持っているポテンシャルだけでは仕事は続かない。

「自分」を表現するんじゃないんだもの。
アニメの「その人物」を表現するんだもの。
そりゃあ、昨日今日で出来る仕事ではないわ。

だから声優になりたい諸君、やめときなさい。
悪いことは言わないから、やめときなさい・・・^^;

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »