« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月27日 (月)

杉本哲太

テレビ朝日系「宇宙船地球号」のナレーションが杉本哲太でした。
なかなか味わいにあるナレーションでしたわ^^
役者さんのナレーションは、やはり役者さんらしいもので、
ナレーション専業の方とは違ってたりします。

「世界遺産」はどういう基準で選んでるんやろ!?

実は漫才師の大助・花子さん、その大助さんて、ええ味わいもってはります。
うまいと思います。僕が言うのもなんですが^^

クセとなるか個性となるか、は別れ道。
クセを個性とできれば、やってる方も気持ちいいのですが。

2004年9月20日 (月)

秋は特番

こんな私でも、秋は特番の仕事がありまして。
結局4本やることになりました。

すべて吉本の芸人さんモノです^^;さすが大阪!!^0^

ひとつは「伝説のライブ芸人」と題した、ぶっちゃけて言えば、テレビには
あんまり、いや、もうほとんど出ていない芸人さんの、舞台芸番組。
ひとつは、フットボール・アワーのもの。
それと、いくよくるよさんがメインのもの。
そして、もうひとつは、まだよく分からない^^;

あ、そや。土曜日に東京で仕事をしました。
横浜・八景島シーパラダイスで行われる「世界花火グランプリ」の、
イベント用ナレーションです。

10月9、16、23、30と開催されるのですが、私のやった仕事は、
30日の日本の花火イベント用です。

良かったらお出かけください。

どうも宣伝くさいなあ・・・

2004年9月13日 (月)

CMをまたぐ

テレビ番組で、CMにいく前に、「このあととんでもないことに!」とか言いまして、
視聴者を誘導するナレーションがありますでしょ!?

ああいうのを「CMキューカット」と言い、
ま、番組を見続けてもらおうという魂胆なんですが^^;
それなりに効果ありなんやと思います。

しかしそれでも、「驚愕の事実が!」とか「壮絶な展開!」とか、
言うほどに中身がないことが多いよなあ。

「騙された!」と思うことが少なくない。

これってどうなのよ!?

私も送り手側なので注意してナレーションするようにしてますが、
便利な文言なだけに・・・^^;

少なくとも、内容に即した、誠実な「CMまたぎ」が大事ではないか。
その中で、どんな表現をするか。
それは視聴者にとって、スポンサーにとって、そしてもちろん放送局にとって、
大事なことだと。

こんな不誠実な時代ですから。せめて「誠実を意識」せねば、
崩れていく一方で><

2004年9月11日 (土)

セカチュー最終回><

第4話から見だしたセカチュー。
以降、毎週毎週、涙、涙・・・でした。

先週などは番組開始5分で泣き出したような^^;
今週は開始9分でした^0^

40も半ばになると涙もろくなるのか。
いやいや自分の感受性の豊かさなんだ、だって仕事柄さ、そうでなきゃ・・・
と納得し。

こういうのを最近、「ビバ!自分!!、オレ!サンキュー」!!と言うてます^0^
ラジオ番組の方でも言い、オリジナルジングルもあるのです。
流行らんかな^^;

そや。朗読の話や。

セカチューでもサクの回顧シーンは朗読でした。
ドラマにおける朗読は、キャリアのある役者さんがやる場合は、
「ハッキリ系」となる場合が多いようですが、若い役者さんの場合「ボソボソ系」になるかな。
傾向として。

もちろんドラマの役柄によるのですが、ドラマでの朗読は感情移入しやすいし、
してもいい環境なので比較的やりやすいように思います。

だから朗読の練習に、いい小説を選ぶと、いい訓練になる。
小説の世界が、自分の中にあるはずの感性を刺激してくれる。

涙のシーンを臭く読むか、抑制しつつも、その世界が表現できるようになるか。
自分の感性を信じつつ・・・。

さ、ドラマも終わったし、本を読もう。
声を出しながら、セカチューの世界を、小説の世界で味わうことにしましょう。

2004年9月 7日 (火)

江守 徹と羽佐間 道夫

日本テレビ系で昨夜やってた「スーパーテレビ特別版」、ご覧になりました?
ああいうスポーツドキュメントはナレーションが重要です。

それでもヤワラちゃんのVTRに女性ナレーターが起用されなかったのは、
「勝負」という側面を基本に番組作りがなされたからか。
それといつもやってる槙 大介でなかったのは特別版という理由だけか。

「番組に合うナレーター選び」というのが、分かりにくくてね。
特に当事者の我々には。ま、気にしても仕方がないので、
流れ任せなんですけれど。

僕は江守 徹のナレーションが好きで。
ナレーターが本業の方々ではなく、役者である江守さんなんやなあ。

今回、この番組は「客観目線」ではなく、「取材スタッフ目線」でナレーション原稿を
書いてました。

そうそう、これも難しい。「どこ目線」なのか。
いったい誰の、どこからの目線でナレーションをするのか。

少なくとも今回の「スタッフ目線」は、視聴者とシンクロさせることができたのではないか、
などと考えながら・・・テレビ見てるねんもんなあ・・・でもちゃんと感動させてもらいました^^

2004年9月 4日 (土)

ダイエー一の市

今日流れてました。14インチかな、テレビデオで。
お客さんも少なめで・・・なんか空しく音声が響いてたような・・・^^;

ま、一の市、よろしく^0^

2004年9月 3日 (金)

ノイズ

ダイエーには毎月「一の市」というのありまして、そのTVCMの近畿・北陸版を私、やってます。
で、「一の市」の日に、ダイエーに行った日にゃ、そらもう食品売り場は僕の声が客を迎える^^;

自分でも不思議な気分ですが、それにしても、あの音量はどうなんやろ?
お客さんはやっぱり煽られて、つい買ってしまうものなんやろか?
店員さんは、あの音の洪水の中で、どんな心境なんやろか?

ダイエーに限らず、街は、ショップは、ウルサイと思う。
ソフマップもヨドバシカメラも、ちょっとうるさすぎるで。

客の回転上げるため?んなわけないわな。

なんか昔はもっと静かに買い物が出来ていたように思うが。
ほんまキョービ、買い物は疲れる・・・。

そして私がナレーションをしたTVCMのエンドレス映像は、今日もダイエーで流れ・・・。
そしてその映像はビデオのヘッドが汚れ、映像にノイズが走っている・・・。

なんか、悲しい気分になるのだった・・・。

2004年9月 1日 (水)

あら、もう9月

まるで日記の三日坊主のような・・・軽い後ろめたさが・・・^^;
すっかりサボってしまいました。いやぁ暑かったからねえ・・・。

調子を狂わせてしまった2004年夏。
さあ、9月ということで心機一転だ!!・・・たぶん。

中部地区の皆様、たしか9月11日放送だと思うのですが、
宮里兄弟のゴルフマッチプレー番組のナレーションをしました!
CBCです。はい。

東京地区の皆様。上沼恵美子のトーク番組の再放送内で、ちょこっとナレーション
してます。いつ放送かなあ。

それにしても暑いわ、台風やわ、の夏でしたなあ。
僕は「静か~」な夏でしたけど^^

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »