« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

ほりえもんしょっく

報道を見ていても、評論家やアナリストの言葉を聞いていても、
ましてや政治家の話でも、いったい何が根本問題かわからん。

「違法だからダメ!」ということが話の根本ならば、
それ以外の、アーダコーダは嫉妬ということになるのやないか?

「順法精神」が重要だと言われるし、そう思うけれど、
法律は万能でもないから、そこに道徳精神や社会奉仕主義的な思想が
必要であるのだとするならば、もっとシリアスに、大量に、日本人の、おそらくは
現代人の精神的な荒廃をテーマに掲げて議論していかなければ、
ほりえがどうの、ITがどうのと騒いでいても、
結局それだけで終わって忘れてしまうんやろう。

そういう意味で政治家の責任は重いはずなんやけどな。

とりあえず、かなり複雑な問題なので、
「まずは、とにもかくにも順法!」、「理屈もへったくれもあるかい!順法!」とでも
言い切って欲しいが。

マネーゲームがNGというなら、証券取引所などは、数字がずら~と並び、
数字ゲーム、つまりはマネーゲームの権化のような場所に見えるけれど。

精神の荒廃、てテーマを投げても、食いつきは悪いよなあ。
ましてや、日本人の伝統的な美意識や美徳が崩壊した、やばいぜ!と
言っても、中々話は広がりにくい、特に大きな影響力があるテレビでは。

だから議論はとりあえずおいといて、せめて個人個人が美意識や美徳について、
ほんの小さな考えや行為で実行していくしかないように思う。

「一日一善」なんてことから、また言い始めるかしかない・・・
こら忍耐力にいる話やなあ。

2006年1月26日 (木)

ハーレム親父

呪文を唱えたら若い女性が集まってきたやて^^;

見た目が気になるよなあ^^;ハゲて、印象悪いよなあ><
同じようなハゲ頭なだけに、かなんなあ^^;

当の本人の「お疲れ顔」が安心させるよなあ。
そら、キツイやろなあ。
最初は良かったやろうけれど。

アフリカの一夫多妻制の部族の親父も言うてました。
「気ぃつこて大変ですわ」
確か6人、妻がいて、
「休めるのは日曜日だけですわ」
というのも、毎日日替わりで、それぞれの妻の部屋を訪れるのが約束で、
妻同士のいざこざもあるようで。
あの親父も、疲れた顔してたもんなあ。

ひとりの女性を愛し続けましょう^0^
それが何より・・・ということを教えてくれてるんやろなあ・・・。

2006年1月25日 (水)

堀江逮捕

どうも釈然とせんが。
特に堀江氏が逮捕された日の「報道ステーション」。
ヘリコプターまで出動して、どんな凶悪犯罪者が捕まったっちゅうねん。
違和感あったわあ。

犯罪も選挙も「劇場型」になったと言うけれど、
テレビ報道は以前から劇場型ではなかったか。
特に古館キャスターは、さすがプロレスで「実況の型」を作っただけのことはあって、
無茶「劇場型」やと思うけれど。

あの神妙な面持ちでの「盛り上げ演出」は、何を意味するのでしょう。
すっかりキャスターになれてきたようで、これからますます古館節が炸裂か。

「おっと~、ここで殺人犯が不敵な笑みを浮かべながら、威風堂々の入場です!」

んなわけないわな^^;

2006年1月23日 (月)

爆問の太田

何が言いたいのか解らないでもないのやけれど、
やっぱりテレビでは無理をしているようで。
ラジオでいいんじゃないのか?「スタア」でのアプローチの仕方は。
単なる我侭やないのか?周りの困った顔をみると。

おそらく久米的や古館的やみの的な「テレビ的」なものに対する
太田的な表現なんやろうけれど。

周りが遠慮している中で、持論を展開しても議論にはならず、
議論にならない言葉のやりとりに共感は生まれず・・・。

でも、僕は気になるんよなあ。
似たところがあるもので^^;いやいや、太田。

2006年1月13日 (金)

ドラマ探し

あけおめ^^;
何日過ぎとんねん^^;

昨年秋にドラマにはまり、涙、涙の秋冬をすごし、
年末年始は格闘技にバラエティ、そしてテレビ番組にも辟易しかけ、
そしてまたドラマを探すこのクール。

昨日の「白夜行」・・・子役の演技、そのシチュエーションになみだなみだ^^;
でもなあ、来週から毎週見る気力あるかなあ。つらいなあ、内容が。

山田孝之は吉岡秀隆になるんかなあ・・・ワンパターンの演技^^;
綾瀬はるかは、かわいいなあ^0^
ドラマって影響力あるよなあ、やっぱり。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »