« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

光市母子殺害の弁護団

「捏造された性暴力ストーリー」と弁護団は考えてるようです。

だから、なに??

「殺意がなかったから死刑は不当」ということのようです。

そやから、何よ??

被告の今回の発言が「真実」だと弁護団は考えているらしい。

被告が友人に送った手紙に書かれていた不遜な心情すら嘘だと言うのか???

ドラえもんがなんとかしてくれる・・・

嘘は突拍子もないほうがええ、ということか。

弁護団が考えるように、死刑が不当ならば、

もっと世論の支持を得られるようなやり方もあろうに。

被告を、弁護団を信じるような気持ちには一切なれないし、

彼らはまるで国民を無視しているか?独善的に振る舞ってるようにしか見えん。

弁護士への信頼を、またまた大きく損なってる・・・この罪は大きい。

弁護団の考えが真実ならば、もっとちゃんと、まともに、闘ってもらいたいものだが。

しかし、法律でどうであれ、あいつは無残に人を殺した、という事実は厳然とある。

それを忘れたかのような理屈が成り立つのなら・・・何のための弁護士か!!

2007年6月27日 (水)

さらば!中央集権国家

早いとこ「道州制」なり、ちゃんとした地方分権に移行して欲しいと思いいます。

何かにつけ聞こえてくるのは、東京中心の話ばかりのように思う。

打越っさんとも電話ではよく話してますし、彼の話はまさに地方の、田舎の声で、

大阪市内という都心部、さらにテレビの仕事という虚業をしている私には、

とても考えさせられる話が多い。

私が育ったのは大阪の北東部の枚方(談合問題に揺れている^^;)で、

親が地の人間でしたし、時代も時代で、打越っさん話を理解できることが多い。

東京の人間には分からん話や、若い政治家には分からん話、

テレビで活躍する専門家もズレたことを言う。

いや、正論に聞こえるからズレてはいないように思えるけれど、

よく吟味すると、結局は東京の、自らスーパーに買い物に行くこともない、

実生活から離れた者の話だと判る。

~投票には行こう!!~

続きを読む "さらば!中央集権国家" »

2007年6月25日 (月)

何かと騒がしい

~参院選、投票に行こう!!~

中国の公害、ロシアの横暴、アマゾンの森林破壊、東アジアもやわ。

世界中がやりたい放題。

年金、介護、食品、事件に事故。

日本中もやりたい放題。

ただ、テレビや新聞、ネットを抜きにしてみたら?

自分の身の回りでそう事件や事故が起ってませんわ。

人殺しなんか、自分の生活圏で起ったのは、小学校の時以来ないしなあ。

情報を遮断してしまえば、実は結構静かやったりする。

ほんま、そういう「静かな生活」が本来なんやろなあと思いますけど。

続きを読む "何かと騒がしい" »

2007年6月21日 (木)

偽装国家

テレビにもよく出ている勝谷誠彦氏の新書です。

勝谷氏については好みの分かれるところでしょうが、

一読をお勧めします。

昨日もミートホープという食肉加工会社の偽装が発覚しました。

振り返れば枚挙に暇がない。情けない><

で、なんとなく感じてきたのではないでしょうか?

この国の「なんか変やなあ」「でもしゃーないか」てなところや、

この国だけではない、政治や世の中の仕組みの胡散臭さ、

そんなところが少しはクリアになるかもしれません。

最近の論客は元気で、テレビで「おかしいぞ!」と吼えてくれますが、

我々としては、どこか無力感にも覆われる。

結局、どこに言うてったらええねん!

もうええわぁぁ・・・てな心境にもなりますわ。

でも・・・。

ここで引き下がってはアカン!

でもなあ・・・。

いやいや、何か方法があるだろう・・・。

ないかあ・・・。

逡巡しながらも、やっぱり諦めたらアカンなあ、と思います。

続きを読む "偽装国家" »

2007年6月19日 (火)

美味いものは幸せしてくれる

昨夜連れて行ってもらったお寿司屋さん。

「食べる」というより「味わう」という料理の数々でした。

なんやろ?心の滋養というのか。

ネタとシャリとが独立し補完しあい、コラボする・・・とでも申しましょうか。

口に入れた食材の繊維ひとつひとつ、細胞まで味わえる、とでも言おうか。

エンドルフィンとか出てたんやろなあ。

ほんに美味しいものは、年に数回食べられたら幸せも倍増。

毎夜毎夜美味しいものを食べられる不幸?そんな気がします。

ほんと久しぶりに新地に行ってよかった^0^

あ~美味しかった、嬉しい!幸せ!ありがとう!!^0^^0^^0^

2007年6月12日 (火)

その時、社保庁は動かなかった!

てな、番組をやってくれんかなあ。

過去から現在までを整理し、何がどうからみ、その背景にあったものとか、

それこそ、どう「政治闘争」の道具として利用されてきたのか、とか。

左派も右派も過去を整理し、反省するところはきっちり反省してくれんと、

またぐずぐず、ウダウダのまま、曖昧に決着しては、ほんま壊れてしまうがな。

色んなものが。

昼のニュースでは、爆弾を作ってた奴が捕まるし、

どこかの社保事務所の前に、血に似せた赤い液体が何箇所にもぶちまけらるし、

公園のブランコの、乗るとこの板ありますやん?

あれを止めてるネジが緩められてて、子供が落ちて怪我するし。

小さなテロ、とは言わんけれど、何か鬱憤が溜まりまくり、

その捌け口として、暴力的になってしまってる、これはヤバイ。

続きを読む "その時、社保庁は動かなかった!" »

2007年6月11日 (月)

国民は人質か?

「それでは国民が納得しない!」なんてフレーズ・・・。

まるで我々が人質にとられているかのような感覚を覚えましたわ。

「そこまで言って委員会」で言うてましたけれど、

今回の年金問題、社会保険庁のダメぶりの責任は自治労にある!

なんて、政治の場では誰もいじらない。

問題を明らかにする!と野党が息巻いても、

結局、政治闘争を繰り広げているというこやない?

で、その人質として国民がいるかのような気がしますわ。

続きを読む "国民は人質か?" »

2007年6月 9日 (土)

JR福知山線事故

あの事故の車掌かな、
あの時の様子を手紙に綴り遺族に渡されたのやが
「謝罪なし」とのことで遺族からは「遺族の前に出て謝罪を」と言う声が。

JR西日本に責任を問うたはずで、確かに死亡した運転手に車掌に責任はあろうが
個人を、あまりに追い詰め過ぎるのはどうなんやろ?
遺族の方々の心中は察するにあまりあるけれど。

以前なら会社が組織をもうちょい守ってくれたように思うが。

2007年6月 8日 (金)

コムスン

ほんま、なんじゃいな!

「グッドウィル・ドット・コム~!!」のCMがずっと嫌いで、

イベンター上がりのあの社長がどうも信用できなくて、

大体急成長した会社には何か歪があるのは間違いないし、

儲かるビジネスに奔走する連中の評価は、それこそ20年、30年という

「時間の洗礼」が必要だと思う。

TVCMには注意!!

皆さんね、CM出向量が突然増えた無名の会社には注意してください。

CMでは馴染みがあっても、実態が判りにくい会社のCMにも注意です。

続きを読む "コムスン" »

2007年6月 4日 (月)

リサイクルは環境にいいのか

(「そこまで言って委員会」をご参照下さい)

国民ひとり当たりのCO2排出量は、

米国が日本の4倍、欧州でも2倍・・・なんて話を聞くと、

確かに日本は石油ショック以降、省エネ大国だ!てな実感あるのに、

京都議定書では「マイナス6%」ということになって、

どんだけぇ~!みたいな>、

アメリカは相変わらずやし、中国にロシアなんて無茶な理屈ばっかりやし、

どうも日本人は欧州の方が環境意識が高く進んでいるというイメージがあって、

日本人はアカンと何故かネガティブにばかり捉える癖がある。

もっと自信をもってええんやないのかい!!

続きを読む "リサイクルは環境にいいのか" »

2007年6月 1日 (金)

安倍内閣救済法案というキャッチフレーズ

そんなこと言うて安心か、盛り上がるのか知らんけど。

なんや自己満足なキャッチフレーズで。

そやから、どやねん!!

この勢いに乗じて民主党は・・・

でも、頼りないよなあ。なんでやろなあ。しっかりして欲しいなあ。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »