« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

ゴマキの弟に、元・光ゲンジに

それも彼らの人生か、と思うし、

芸能人だから話題にもなる、ということでしょうが、

物事がうまくいって、調子に乗って、ちょいと挫折して、

それを自分のせいだとは思わずにいると、どんどん症状は悪化していく、

というようなことはどこにでもあるなあ。

            

「そっちに行ったらアカンでぇ」と他人には判ることが、

当事者には、「渦の中」にいる時には、ほんま判らない。

信頼してきたはずの他人の意見でさえ、

「頭では判っても心が理解できない」「解ってるねんけど、できんねん」

                   

ようやく後になって理解できても、

その時に「手遅れ」になっていないように、せめて調子のいい時に

色々と考えておくしかないように思う。

若さとは、そういう時間が少なすぎるからなあ。

若くなくても、とうとう分からずじまい、てな人も多いから仕方ないことか。

で、自分はどうか?と問うてみたら、

結局やっぱり「分からんこと」の方が多い・・・ということくらいは

理解できるようにはなれたかと思う^^;けど、どうなんかなあ。

だから、「もうちょい」解りたくて、ブログをしてるのかもね^0^

                         

しっかし、まあ世の中というものは」更新。

福田・小沢会談について少々書いてます

2007年10月30日 (火)

爆問・太田の「髪の毛」発言

地毛はいいなあ。薄毛でない、禿てないっていいなあ・・・

と、DNAハゲの僕は思うけれど(苦笑)。

丸坊主にして10数年経ち、既に諦観すらしてますが、ここで提案。

                         

メガネのCMにあったように、

「カツラも着替える時代」的な^0^、「ファッションとして楽しむカツラ」というような、

そんなプロモーションをメーカーにかけていただく、ってのはいかがでしょう?

            

そうすれば、小倉さんだって、いや、多くのカツラ利用者にとって、

隠す必要がなくなる、いや、

「今日の頭、おされっすねえ」なんてことにもなります。

            

で、カツラの値段がもっと安くなれば、僕も利用するかも^0^

いや、利用したい^^;(諦観できてへんがな^^;)

                     

プロピアは、「ファッション」なところにトライをしたと思いますが、

あともうひと押し、ふた押し欲しいし、やっぱり高そうやし。

是非、考えてもらいたい!!

                

ハゲに光を!・・・もう光っとるがな!・・・なんて古典的な突っ込みですこと・・・

そういや、太田氏の名前は、「光」でしたな^0^

2007年10月26日 (金)

亀田興毅記者会見

なんというか、これで「大人の階段」をひとつ登れたのではと思う。

会見は全体的に冷静で品のあるムードだった。

それはおそらく、亀田興毅の「実はええ奴」や、やり方は間違えたが

「親子の絆」「家族愛」というものは世間にも伝わっていたからやないかな。

僕も、テレビに向かって「がんばれ、興毅」て言いましたもん^^;

                        

やるべきはひとつ。「亀田はほんまに強い」という結果を出すことです。

それと、やっぱり口は禍の元、軽口は値打ちを下げても上げることはない、

虚勢は所詮、虚勢。弱い犬ほどよく吠える、などなど。ということか。

2007年10月17日 (水)

亀田物語~滑稽から悲しさへ

ご存知でしょうか・・・

TBSの番組「Jスポーツ」で紹介された亀田史郎が
息子・興毅に贈った手紙この手紙の内容が今になってネット
で注目を集めている

そうです><; (くわしくはこちら

亀田の親父は、いったい何に負けたくなくて、

ここまできたのやろう?

どんな屈辱を感じてきたのやろう。

そして、その屈辱が自分のせいだと思うことはなかったのか?

そんなことすら思わせないほど、辛い環境にいたのか?

そうでもないと思うけれど。

だって彼は、元気に生きているもの。

全部、周りのせい、周りが悪い・・・と考えてきた輩としか思えんが。

          

それにしてもTBS。

この局は、どこか、何かが狂ってるようにしか思えん。

筑紫哲也も復帰。

病からの復活で、それはそれで良いが、

いつまで公器を個人のために使うのやろ?

なるほど、だからこその亀田祭やったのか。

やっぱりTBSは、どっかおかしいぜ。

2007年10月16日 (火)

亀田

ま、多くは語りませんが^^;

9Rから見て、悲しいなったもんな、腹立つより、あの「試合」。

元凶は親父、子供らは犠牲者とも思う。

あら頭おかしいんちゃうかいな。

協栄ジムの会長の人相も、「悪いことしかしてない」てな顔付きやし^^;

子供らは、末はヤクザか・・・と心配もする、他人の子やけど。

               

次男坊、大毅君は、絵の才能があるそうで、

1年の出場停止期間は人生を考えるチャンスやと思う。

その停止期間が長い、と親父は文句を言うてるみたい。

殊勝な言い回しをしていても、実のところはムカついきまくり・・・

そんな姿が見える。

自分の指導法や考え方が間違っていた、なんて思ってもおらんやろうなぁ。

人生、無茶をすれば返りは必ずくる。

無理を通しても、道理はいずれ巻き返す。

2007年10月 9日 (火)

反主流としては、産経新聞^0^

朝日新聞の敵^0^、産経新聞読者のふうです。

親父の代から産経で、一人暮らしになってから途中、毎日とか読売を

とっていた時もありましたが、やっぱり産経・・・で、都合もう何十年の付き合い。

               

その産経新聞で現在連載?中の特集が、「やばいぞ日本」。

今日、9日の朝刊は「中国に握られた鍵」で、見出しだけでは、

なんのここっちゃ?と思ったけれど、読めばさ、あーた><

『日本など外国企業はコンピューター暗号を解除する「鍵」を当局に渡すか、

暗号を解除していないと、中国にソフト、ハードを持ち込めない。

IT業界大手の幹部は言う。「われわれが中国で委託生産するソフトの中身は

すべて中国当局に知られてしまい、一元管理される」』

てことらしい。

こういう話って、朝日新聞では書かんやろう。なにせ中国が好きやから^^;

そして、

『すき間だらけな日本の官庁は被害を受けた形跡が見当たらない。

「ひょっとして奥の院まで知り尽くしたハッカーが痕跡を消してしまい、

われわれは気がついていないだけかもしれない」とIT業界関係者は声を潜めて言った。』

なんてことが真実だとしたら、

こんな恐ろしいことはない、SF映画並みに、何もかもが管理される、

筒抜けだ、それも外国に・・・に対して、リアリティを感じないののだとしたら、

それこそ平和ボケの末期やないかと僕は思うなあ。

特に政治家、特に特に官僚の平和ボケ末期状態・・・いや、要するに阿呆たちが

肝心なところを決めていくことに、僕らはもっと危機感を持たないと、

何も変わらない、何も動かないと思う。

でも、さあどう動けばいいのか、ということが問題で・・・><

                 

                    

続きを読む "反主流としては、産経新聞^0^" »

2007年10月 8日 (月)

万引きの挙句が殺人

「ビール飲みてえ」とガキどもが畜生のように思い、

「カゴごと万引き」を企てたが、そもそもが小心者のコンコンチキで、

脅し用にナイフを隠し持っていたとさ。

そして実行したら追いかけられた。

しかし「仲間」だと思っていた者達は、自分が逃げるのに必死で、

「仲間」を助けようともせず、クソガキは、追いかけてきた店員を刺した。

てなところやないかと想像する。

        

例え悪さをするにしても、「仲間」を見捨てたらアカンわな。

最低限、「殺人」や「重大な事件」にしない知恵もないのか。

ほんま、チンパンジー以下。日本猿クラスや(根拠はないけど^^;)

             

最近の犯罪を見るに、「頭悪すぎ」満開としか思えんぞ。

畜生には畜生なりの道理ってものが・・・ないかぁ。ないわな。

「道理はどこへ行った」ってフォークソング作ろかいな。

続きを読む "万引きの挙句が殺人" »

2007年10月 3日 (水)

小学校教頭が猥褻画像投稿

「俺は投稿界では神」だとさ。きしょ。

まるでジキルとハイドのような裏と表。

「夫を愛している」「病気なんでしょうね」と妻の言葉。

学校でも近所でも、そして妻にもとてもいい夫だったようだが。

                  

この男は特別なのかもしれませんが、

学校に警察に、公務員に官僚に、政治家に、消防署員も、他も。

あまりに仕事に対する誇りが失せているようで悲しいぜ。

                   

文句がこないように表の顔だけをまともにみせていたら、

不祥事が繰り返され、ほころびばかり繕っていたら、

いつのまにか、何のために仕事をしているのやら、

みんな分からなくなってきているようで。

                   

例えば「国家権力」である警察は、どこにいてもその「国家権力」を

正当に行使してこそ、つまり、暴走族やチンピラや一般人でさえも、

暴言を吐けば公務執行妨害なりで、一旦はしょっぴく、

警察署に連れて行き、厳重注意で開放する、

こういうきちんと見える形で警察力を見せておくべきではないやろか。

そして、もちろん不正や密室を許さない、

それはマスコミは糾弾する、

こういうまともなやり取りがないままでは、

人間はどんどん壊れていくように思うがなあ。

続きを読む "小学校教頭が猥褻画像投稿" »

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »