« 仏教である。或いは仏教的である。 | トップページ | 道交法改正 »

2008年5月15日 (木)

何が先進で何が発展途上なんやろ?

四川省での地震。
表面だけを設えて、建物はカスカス。
未曾有の大惨事。
建築に回すべきお金の一部が私利の懐に納まり、
ちゃんと建てるべきものがスカスカに。

発展途上国は先進国に追いつこうとし、
先進国はさらに先進していこうとし、
過去の経験は活かされることもなく、
歴史は常に繰り返す。

東京の新築オフィスビルの空室率が上昇。
需要より供給が増え。
金があるからビルを造り、賃貸でまた金を回す。
いつも前提は拡大、成長。

なんやいな。

ええ塩梅を知らんのかいな。
ええ塩梅はいずこに~?

「あいつ、上手いことやりよった。ならばうちも」
「今、やらんといつ儲けるねん」

いやいや、
「他所は他所。うちはうち」
「ちょっとずつやっていったらよろしいがな」

そんな風になっていかんものか。
それが先進国、いやさ、成熟した社会、途上国のお手本となるべき・・・。

「お前とこ、散々エネルギー使て、空気汚して、ええ目見てきたがな」
「うちかて、あんたらと同じことしたいがな」
「お手本?アホくさ。やってることは相変わらず弱いもんいじめでっせ」

そんな声が聞こえそう。

発展途上という言うからには、
「その先」があるはず・・・にもかかわらず、
「その先」の「目指すべきこと」なんて実は誰も持ってない。

ならば。

おいおい。目標は「豊かさ」なんて曖昧なことより、
未来的な都市の予想図より、
見た目ではなく、中身をもっと問うべきではないのか。

「その先」が「人間の質」となるべきではないのか。
「それは素晴しい」という目標が要るのではないのか。

« 仏教である。或いは仏教的である。 | トップページ | 道交法改正 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仏教である。或いは仏教的である。 | トップページ | 道交法改正 »