« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月22日 (月)

親中より親米であるべきだと思う。

アメリカの力を借りて、中国及び韓国も含めた大陸との
関係を築くってのが、現実的でやと思うけどなあ。

韓国が竹島を横取りせんと行動し、
中国は尖閣諸島及びその界隈を自国の領土とすべく
まるで盗人のような行動をしているのは、
両国の国益に適うこと。

中国なんか、韓国が好きにやろうと、
「どうせおまはんとこもやで・・・」くらいは思ってる、
いや、そもそも「独立国」として意識してないんちゃうんかいな?
どうなんやろ?それほど中国は厄介やな、とは思う。

そんな中国との関係を「友好」なんて、屁のツッパリにもならん、
そう、「平和、平和と言っていれば平和になる」と思ってきたように、
「友好、友好」と言っていれば、いい関係でいられると思っているのか。

「トモダチ」で世界制覇しようとしたのは、まさに日本人に充てた、
強烈なメッセージやと思うけど、どれだけの人が感じてることやら。

いい関係とは、いい緊張関係にあること・・・
素人ですが、そう思います。
ならば、物理的に離れているからこそのアメリカとの関係をもっと強くし、
それこそ、アジアの安定、世界平和、地球環境問題、人権問題に、
人種が違う国同士が、それも、他国にはない「特殊な関係」の二国が、
もっと協力していくことが日本が生き残っていける道やないか?

協力といえばいいが、ほんまはもっと力強く!と思う。
遠慮して、経済だけに頑張る時代は終った。
だって、経済大国になったが、相変わらず「豊かさって?」と問うばかり。
ましてや国内の状況を見れば、お金ができて心がどこかに行ってしまった、
そんな奇妙な社会になるばかり。

「豊かさとは、お金や目に見えるものばかりにあらず」

そもそも、豊かさって、どんな問いかけやねん?
しかし、もちろん「お金」は回ってナンボ。
赤貧なんて、ありえへんくらいのところにはいる。
だからこそ、知恵と工夫、したたかに生きていかねば。
甘っちょろい考えでは、大陸に飲み込まれてしまう。

その時どんなことが起るか?
間違いなく復讐される。人間扱いされないと思う。
そんなアホな、て?そんなアホな!ですわ。

そうならないためにも中国にはまとな国になってもらわんと。
そうやなあ、今後50年はまだまだ信用したらアカンのとちゃうかなあ。
100年かなあ。いうても向こうは4000年の歴史・・・彼らの歴史とは作文だとさ・・・
持ってるからなあ。
欧米人にも復讐していくんかなあ。えらいこっちゃなあ。いやな世紀やなあ。


2008年9月17日 (水)

お金はガソリン

車が夢や目的や、愛や家族や、いろんなものを乗せて走るものとするなら、
ガソリンはお金とみれる。

ガソリンがなければ車は走らない。
でも、ガソリンタンクの容量を増やすことが目的になったら、
それはもう車ではなくなる。

最初はトランクルームを、次に後部座席を、やがて助手席まで
ガソリンタンクにしてしまったら、車は走っても、一人ぼっち。
仕舞いには、車ごとガソリンタンクになってしまって、
なんのために旅をしていたのか、わからなくなって。

ガソリンタンクは、それだけでは動かないわよ。

車は色んなパーツで出来ている。
それを例えるなら、知識、知恵、経験、学習したことなど、
数え切れないくらいのパーツで「車=自分」は構成されている。
そこに同情してくれる者達がいる。
伴侶が乗っていた車と自分の車が見事融合すれば幸せだ。
合体しただけで、また分離してしまうこともある。
後部座席に乗っていた子供もやがて自分の車で離れてゆく。
それでも、車は走り続ける。

人によって車のタイプが違う。
豪華で、でかく、燃費が悪い車は、頻繁にガソリンを入れる。
ま、稼ぎが多い人、ということか。
或いは、稼がなければ・・・という強迫観念にも似たものを
感じている人の車か。
小型で、燃費がいい車・・・多くの人はこれだ。

選び道も違う。
立派なハイウエイをも猛スピードで行く車。
寄り道をしながら、のんびり走る車。
渋滞の一般道を、我先にと走る車・・・ほら、信号にひっかかった。
大して変わらんで、急いだって。

親の車を受け継ぎ、自分なりにアレンジしながら
大切の乗られている車。
次々に車を買い替えて、結局信用されなかったり。

車の例えるとおもしろい。
だから、お金はガソリン。
大切で必要なものだけど、ガソリンが走るのではない、
目的地まで連れて行ってくれるのではない。

それに、揮発性が高く、危険よ~、ガソリンは^0^

2008年9月15日 (月)

僕が露鵬だったとしたら・・・

大麻を吸ってなかったのならなおのこと。
吸ってたとしても・・・。

このまま「はい、そうですか」で国へ帰れるかいな!
ゆうても、故郷ではヒーローやし。
お金もようけ持って帰ってんねし。
親戚だけやのうて、あてにもされてるし。

俺ら兄弟がここでミソつけたら、後輩の道も閉ざしてまう・・・
おいおい、国帰れんねん!おめおめと帰れまへんねん!

だいだいやな、ニッポンフシギネ。
スモウキョーカイ、オカシイネ。
俺ら、だいぶ頑張って合わせてきたつもりやで!
俺ら兄弟は、そない偉そうにもしてへんで!
そうやん、わしら頑張ってきたもん。

確かに髪の毛は少ない。弟は・・・やばい。
せめて、髷が結えなくなるまでは相撲をさせてぇな。
もう一回、初心に戻って頑張りまっさかい・・・。
わしらの頑張りで相撲人気復活!てなこともありうりますやん!?
「もう一度だけチャンスをやろう。しっかりと精進せい!」てな
メッセージを発しながら、協会の方も「一新」するとメッセージしてもろて、
僕らをネタに、相撲協会再生!の道、ありますやん・・・

あきまへんか・・・?
分った。ほな分った。ほんなら、ケンカですな。
真っ向勝負ですな。ガチンコでやらしてもらいま。
協会の全部、ぶちまけさせてもらいま。
そして、わしら故郷へ帰りまっさ。
ええ、言うだけ全部言うて。最後にがっぽり稼いで。

日ロ関係に影響???ふふふ、あるかもな!
知らんでぇ・・・プーチンはやる男でっせぇ。
お前ら、見とけよ!!なめんなよ!!
アホ、ボケ、カス、死んでまえ!がぉぉぉぉ><

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
くらいの気分なんちゃうんかいな^^;
知らんけど。

2008年9月12日 (金)

僕が居酒屋をしてたとして

事故米が関係してた焼酎を店で出してたとして。
店の棚からは外したとしても。
さぁ~て、それを廃棄するかどうか。
実際に僕が経営者なら、自信ないぞ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そない健康に影響があるとも思えん、とか。
それほど濃度高く事故米が混じってるはずもないやろ、とか、
いろいろ理由をつけて。

でもさすがにロックや水割りでは出せんな、
中には「これ、宝山やん」て分る客もあるやもしれん、
せや、酎ハイやったら、味も判らんで、
瓶のラベルは剥がして、いや、詰め替えるか?
サーバーに入れてもたら・・・。

うわぁ~考えたら、むっちゃめんどくさいやんけ、
でもなあ、もったいないしなあ、損するしなあ、
政府は補償してくれるんやろか?
ほんなら廃棄しとこか、
いやいやいや、そんなんないない!
わしらみたいなもんに、政府が補償金出すかいな、

メーカーは返金してくれるんかいな。
業者入ってるしなあ、「うちも被害者ですわ」で終わり・・・かぁ。

よその店はどうしよんねんやろ?
ケンさんに訊いたろかな、
でもなあ、「うちは廃棄したで」て言われてもなあ、
厳しいなあ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、いろいろ逡巡して、さぁ!どうする!!

こういうことは、一人で考えたらあきません。
ケンさんに電話や!
誰かと相談や!
今の状況なら「しゃーないし、廃棄しょうか」てな流れになるで。
しかし、そうならなかったら・・・。

良心!!ここで登場するのが良心!!
しかし、その最後の砦が・・・・・ぁぁぁぁぁぁ


2008年9月10日 (水)

あなたとは違うんです

と、放言し話題となった福田首相はまた、
「私の先を見る目」とも言った。

たった1年で辞任するとは「見る目」がなかったようだけれど、
総裁選がにわかに活気付き、ようやく自民党にも危機感が
リアルなものとなったか。

候補者が雛壇に並び、それぞれが主義主張をする。
かつての「密室政治」から考えれば、進歩した。
政策を世に問う・・・という流れは出来てきたようだ。

こういう展開を「サキヨミ」し、
「このタイミングで辞めるのがいい」と判断した・・・なんて
思わないが、自身の体たらくは早くも忘れさられたようで、
その読みはバッチリ当ったようだ。

調整型政治家が放った最後の言葉。
‘あなたとは違うんです’

同じ穴の狢ではないという意味なら、
政策論争の場で、永田町で、堂々と「あなたとは違う」、
「日本の未来をきっちりと描いている」と歩いていけば
良かったのに。

2008年9月 8日 (月)

福田首相は何を思う・・・

人間は「自己肯定」をしたがるもので、
「あなたとは違うんです」という迷言を残した福田首相も、
「自分の不甲斐なさ」を責めるより、
正当化するために理屈を考えた・・・よなあ。

安倍前総理も、何があったか知らないし、何かあったのでしょうが、
一応「病気で辞任」ということにできた。

だから人間は生きられる・・・

しかし、そんな「現実逃避」が政治家にも許されてきたように思うが、
現実からいかに逃避しようと、自分を正当化しようと、事実は残る。

ところが、その「事実」も結構曖昧、というか、
検証されることもないし、そのうち誰もが忘れてゆく。

だから人は生きられる・・・

少なくとも「頭」になる人物は、
「現実逃避」や「自己正当化」のカッコ悪さを自覚すべきで、
自分の失敗を受け止められるくらいの根性は要るやろう。

「自分が真実を語れば多くの人に迷惑がかかる」ということも
事実でもあろうが、いい口実にもなる。
「自らの政策を否定してしまっては混乱が起こる」のか。

一方で、「ジャーナリズム」は、
正しかった政策をもっとしっかり、はっきり言うべきだ。

例えば「郵政民営化」は正しかったのか?
少なくとも「正しい方向だったのか」くらいは、きちんと検証し、
報道を通して国民にしっかり伝えるべきやないんやろか?

小渕政権の「バラマキ」は、もっと糾弾されてもいいのでは?
何故、あれほどにばら撒いたのか?くらいは検証していい。
ばら撒かれた結果、どうなってん!!??
借金ばかりが嵩み、誰が笑い、誰が泣いたんや??

そこから「道路財源」の在り様も見えてくるように思うし、
「道路・土建で国創り」から方向転換できるように思う。

どうも政治家というのは、揚げ足を取られないように気を使い、
細かい話をしたがる。
大風呂敷だけでは困るけれど、僕がもっと感じたいのは、
政治家のスケールの大きさやけどな。

大きなビジョンがあり、細かい質問にも的確に答えられ、
自信に溢れながらも、細心の注意を怠らない・・・

そんなやつはおらんかぁぁぁぁ><

2008年9月 3日 (水)

年寄りは若い世代の役に立ってこその年寄りとちゃうのかい

メルマガにも書きました。久々の配信でしたが^^;

政治は、いつまで年寄りの手の中にあるんやろう?
もちろん、上の世代を凌駕するくらいのパワーが若い世代にいるのやが、
それにしても、相変わらず「わしはまだまだ現役!」ばっかり。

表に出ないように、ウラでこそこそ。
「わしの力、ここにあり!」が生きる目的なんかいな。
ナベツネなんか、その代表のように見える。さっさと隠れんかいな。

首相になった者は、その職を終えたとき、政治家も辞めるべきよ。
政治家を辞め、しかし、その経験を国民のために活かすような、
そんな「政治家後の人生」を、と思う。

或いは、70歳を過ぎたら政治家を引退、「シニアチーム」のようなものを結成し、
政治家ではない立場から若い世代にアドバイスしたり、苦言を呈したり、
経験から導き出したものを伝えたり。

現役政治家との緊張関係を保ちながら、
全ては、国家・国民・・・ちゃうな、国民と国家のために、
最後の命を燃やし尽くす・・・なんて日本がええなあ。

そうなれば高齢者は、もっと尊敬されるようになるわよ。
リアルに尊敬されるようにもなっていくわよ。
模範となるものがあれば、それを見習う人が増える。

「政治家の質は国民の質」とは言うけれど、
もうね、こんだけ政治家が目立つ時代にね、
「国民の質」を上げるためにも、政治家が先頭に立って、
ええ姿を見せてくれんと、影響大きすぎる。

話、ちょっと変わるけど、
橋本知事に、米共和党の副大統領候補を見てたら、
「子沢山て、やっぱりパワフルやなあ」と感じました^0^

「子供たちの未来」を考えるのが大人の仕事ならば、
政治家に子沢山を奨励したらええねん。
子供らの未来を、リアルに感じやすくなる、
子供に恥ずかしいとこ見せられん、とも。
ほんで、政治家はやっぱりパワフルでないとなあ。

そういう意味でも、年寄り連中には考えて欲しい。
僕は49歳で、「オッサン」の段階で、まだまだ煩悩まみれやけれど、
オッサンの役割のひとつは、若い連中の役に立つこと、やと
実感してますわ。

もちろん、どこまでできるか判らんし、
そんなに頑張ってやるものでもないとは思うし、
それが人生の目標、とうわけでもない。
煩悩の凡夫として、カッコ悪くも、かっこよく、かな。

そうそう、「かっこいい」を、もっと目指しません?
見た目とか、親にもろたもんで、人それぞれ差はあります。
それはしゃーない^0^
でも、齢を重ねれば、重ねるほど、持って生れたものは弱くなる。
生きてきた人生、生き様が「かっこ良さ」を創っていく。
そんな意味での「かっこいい」は、色んな意味を含む。

レオンを真似てもいいが、真似ごとで終らないよう。
その年齢ごとに、やるべきことはある。
とにもかくにも、自分の人生をどう全うしていくか、
それが「かっこよさ」のエッセンスになるように思ってます。

僕?ハゲやわ、メタボやわで、そらね、ハンデばっかりやわぁぁぁ。
だからこそ、がんばろかい!と思うのかもね^0^

そうそう、「もてたい!」の一念で、ええと思います^0^
結局は、そこかもしれん^^;
ならば、大いに結構!みんな、死ぬまで「もてたい!」と思いましょう^0^
そのためには、どんな立ち居振る舞いを身につけるか・・・ですわ。

あ~、なんかスッキリしたかも^0^


« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »