« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年5月15日 (金)

政治家は人柄か?

岡田氏は「くそ真面目」で鳩山氏は「宇宙人」。

政治家に人柄を求めるようになったのはいつのことからやろう?
人柄なんてものは放っておいても醸し出されるものですから、
政治家に必要な人柄とは、思想であり、考え方であり、哲学であり、
教養であり、政策立案能力であり、人を惹き付ける魅力、といったところでしょう。

「日本列島は日本人だけのものではない」とする鳩山。
岡田もそうらしい・・・ええ、あくまで「らしい」ですが。

ならば中国大陸も中国や他の国のものではありませんから、
満州国建設は正当であったということです。

そもそも「日本列島は・・・」というのはどういう思想から出てきたものなんや!?

政治家は、政党は、今こそ「その思想・考え方」を明確にすべきでしょうし、
日本の将来を議論する上で、基本となる考え方を明確にしてもらわんと、
なんや表面的な、綺麗な言葉ばかりに惑わされてしまうばかりです。

評論家にしても、解説委員にしてもそう。
曲りなりもテレビに、新聞に出て意見を語るならば、
その立ち居地を示すべきでしょう。

ウィキによれば、岡田克也氏は、

○内政においては「自由で公正な社会」を標榜する。
○経済政策では「小泉(元)総理以上の市場経済主義者」を自認するなど、
  政府の役割を認めながらも自由主義的な傾向が強い。
一方で、「実質的な機会の平等」を実現するため、
教育の重要性を繰り返し説いている。

僕より6つ上で、「アメリカかぶれ」的なのは理解できるにしても、
ここにきて「市場経済主義」をどう消化し、自分なりに修正していこうとしてるのやろう?
今後、国家は市場のパワーには勝てないまま進んでいくらしいけれど、
彼にとって「国家」とはどういうもんなんやろう?

○外交においては日米同盟を基軸としながらも、アジア重視の姿勢を見せている。
国際貢献には積極的な姿勢を見せ、憲法9条を改正した上で国連を中心とした
集団的安全保障への参加と武力行使を容認する姿勢を見せている。
これは前代表の菅直人が提唱した穏健な国防・改憲議論とは一線を隔すものであり、
この路線は後任の前原体制にも引き継がれた。

「国連を中心」というのは現実的な話かどうかの議論もなく、
イメージ先行、理想先行でもちと困る。

○在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する
議員連盟会長として在日外国人に日本国への地方参政権を持たせることを
主張している。

そもそも参政権とはなんぞや?
外国人に参政権を与えることの意味を、国を挙げて議論してもらわんことには
賛成もなにもでけんわい。

○中台問題では訪台や台湾当局者の会談の際に独立反対を明言。
そのため台湾側から批判された。

何故反対なのか?はっきりせい!!

○また靖国問題でも中国(中華人民共和国)などからの批判に対して
説明不足を理由に当時の小泉首相に何度も参拝中止を要求した。
これに対し小泉から「岡田代表は中国が反対しているから(靖国神社に)行くな
といっているんですか、それとも岡田さんが反対だから行くなといってるんですか」と
逆に真意を問われたこともあった

で、「岡田さんが反対」ならば、何故反対なのか?
アジア諸国に対して酷いことをした云々かんぬんでは理由にはならんぞい。
歴史認識は、その国独自で自立した判断をすべきやろうに。

次回は気が向けばはとやまを。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »