« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月26日 (水)

今朝の新聞全面広告はスマップ

090826
「幸せな国のつくり方。」と題した新聞広告です。
今日発売のCDの広告だと後で気付くのですが、
かなりのメッセージ広告です。

果たして、なんの意図があってのことなのか?

産経新聞に電話をしたら、特に意図はない、選挙日が決まる前に決定していた企画だ、
ということでした。(電話したでぇ~^0^)

はいそうですかと、食い下がることもせず、いや、ようせん^^;
引き下がりましたが、どうも解せんなあ。

「私たちひとりひとりの、日本をよくしたいという気持ちでしか変えられないのではないか」

とスマップは・・・実際はコピーライターが・・・メッセージしています。

「私たちの未来は、私たちの心の中にしかないのです。そして、最初の未来は、
いまあなたのとなりにいる人を大切にすることから始まる、と信じます」

日本人らしい、戦後の日本人らしい、1970年半ばくらいからと言っていいような、
ソフトな語り口です。

いよいよ日本のタレントも、
(本来は、アーティスト、ミュージシャンも、と言いたいところだが)
政治的なメッセージをしていく時代になったのかもしれません。

トップアイドルが、ソフトな語り口と言えど、
ほんまは本人らが言うてることではないかもしれないが、
それでも、「日本を良くしよう」というメッセージを発したなんて、
これは歴史的なことかもしれません。

キムタクが首相の役を演じたドラマの影響もあるのか、
キムタクは実はむちゃメッセージしたいことがあったりして、
この広告の文章はキムタクの思いかもしれない・・・なんてことも考えてしまう。

とまあ、色々と想像を膨らませはしますが、
それでもやっぱり、意図がよう分らん。

コピーの最後は、「きょうから『そっと きゅっと』SMAP」となってます。
さらに、末尾の末尾に「衆議院選挙は8月30日」とも記してあるなあ。

日本をよくするために、まずは選挙へ!てなことかいな。ことやわな。

そして裏面・・・この広告の打ち方は初めて見たような気がする・・・に、

0908262

「SMAPのメンバーのメッセージ入りオリジナル『待ちうた』が
ソフトバンクモバイルにて独占配信中!」とあるところをみると、
ジャニーズだけが広告料を払ったんやないんやなあ、と分る。

かつての広告会社勤務の経験からすると、
今回の特別紙面全部広告!の金額は、1紙につき5000万円くらいやろか?
朝日・読売・毎日・産経・日経で2億円以上か!?
ま、金額の話はええねんけれども。

どんな意図であれ、「日本をよくしよう」とスターがメッセージするのはよろし。
人任せにするな、というメッセージはどこまで届くかは別にしても素晴しい。

しかしそれでも、どこか白痴的な錯覚も覚える。
人任せにせず、しかしそれは自分勝手になるのではなく、
独立自尊の精神は大いに尊ぶべきものであり、
そこには強さが必要だ、強がるのではない、いきがるのでもない。
ただ優しいだけではいけないだろう。

しかし、意図がよう分らん。
しかし、メッセージすることを恐れてはいけないと力をもらいました^0^

2009年8月10日 (月)

資源争奪戦・食料争奪戦から逃れる国創り、なんて不可能なのか?

この先「鎖国を!」なんて考えているのではありませんが、
かつて、世界で類を見ない「国のあり方」を実践したのは間違いありません。

戦争に負け、グローバリズムこそが日本が立つ道と考え頑張ってきたが、
金融資本主義に翻弄され、北朝鮮には愚弄され、中国には好き勝手言われ、され、
韓国も何を偉そうに!と僕は思いますが、アメリカだってずっこいよなあ、

おいおい、わしら、どうしたらええねん!!

日本らしいシステム、世界に類を見ないやり方を創り上げていけばいい。

それこそね、「永久エネルギー」を開発するとか!!
すんません、荒唐無稽で^^;

資源がない国を逆手に取り、「そない資源使わんでもいけまっせ!」な技術を!!

都市部に「食料工場」を、つまり、高度な技術力で自給自足を!!

鎖国の超高度化・・・てなイメージでありますが、いかがでしょう^^;


要は、豊かに生きていければ、なんの文句もないわけでしょう??
その豊かさも、ドバイのようなチョーお金持ちになりたい!なんて、少ないでしょう?

てか、自家用ジェット機を持ちたいとか、1000万円以上しうる高級車が欲しい、
ブランド物で身を固めたい、御殿のような家が欲しい、なんてことは、
相対的な価値観でありまして。

つまり、他人を羨ましいと思う、アメリカ人を羨ましいと思ってきたからこそ
出来上がった、作られた価値基準です。

逆に!

世界が羨ましいと思うようなライフスタイルを、我々がすればいい。
そうすれば、消費こそが美徳、なんて資源の無駄使いと、戦争を起してきた要因から、
少なくとも、僕等は距離を置くことができるようになる!はず^^;

そして、かつての鎖国と違うのは、
日本人が世界を変える!という自負と、気概でもって、
世界と関係していくことです。

世界が「超高度化された鎖国」をすることができれば、
戦争は、まあ、なくなるんちゃうかいな。


とまあ、阿保な話を書いて・・・いや、打ってますが。

とにもかくにも、「この先」をもっと議論してもらいたい。
可能性のある技術を持ち寄り、意見を交わし、国民も参加し、

少なくとも、戦争に簡単に乗らない、巻き込まれない国創りとは?を、
なんで議論せんのやろ?と僕はいつも不思議に思う。

非核3原則を法制化するなら、
世界から核をなくすことを本気で目指すなら、

国を挙げて、本気で「日本の未来」を議論しまくり続けて欲しい。
偽善的な世界平和のため、でなく、我々日本人のために。
そして、世界平和が日本人にとってもっともいい状態だとするならば。

もうすぐ終戦を迎えます。
戦死者の冥福を心から祈り、さらに、あの戦争を単純に否定せず、
しかし、戦争なんて、するもんやあらへんで!強く思い、
戦争をしたがる、することで利益を得る、なんてことができなくなるような、

そんな新しい価値観、技術、思想を創り上げていくことはできんのかいな、
そう思います。


« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »