« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月28日 (木)

関電総会、橋本市長吼える!

日経ビジネス・オン・ライン12.6.28より。

ログイン登録しないと見られないかもしれないので、
こちらにまとめました。

橋下市長が、何を質問したかを記録しておきます。

**********

この日、大阪市北区の梅田芸術劇場では、関西電力の株主総会も開かれた。
大飯原子力発電所の運転再開に向けた準備作業を進めている最中とあって、
4000人に迫る過去最多の株主が詰めかけた。
28の株主提案のうち13の議案を、大阪市と京都市、神戸市の3自治体が提案。
3市長はいずれも質問に立った。
なかでも、関電に脱原発を求めてきた橋下徹・大阪市長の発言に注目が集まった。

 「そこの2階席左のバルコニーに座っている男性の方、どうぞ」。

総会を仕切る議長に促されたその男性が立ち上がると、会場はどよめいた。
「大阪市長の橋下です。関電はこのままではつぶれると危惧しています」
と切り出すと、「(関電は)衰退産業が歩んだ道を歩んでいます。
関電経営陣は経営上の将来リスクに関する株主への説明が不十分」と断じた。

関電は、原発事故を引き起こした東電とは事情が異なる。
自治体株主である大阪市の橋下市長は大飯原発の再稼働については
容認姿勢に転じたが、関電の経営陣と対峙するために「脱原発」を掲げてきた。

大飯以外の原発を稼働させるメドは立っておらず、
液化天然ガスや石油に依存した発電が増えれば、発電費用はそれだけかさむ。
一方で、電気料金の値上げに対する反発が国民の間で広がっている現状では、
価格転嫁も難しく、業績の圧迫要因として意識されやすくなっている。
自治体株主である大阪市の橋下市長が脱原発を訴えれば訴えるほど、
株式価値を引き上げたい一般の株主と利害がぶつかる点は、東電と似通った構図だ。

その橋下市長。初めて参加した株主総会では、
質問が1人3分までで打ち切られるということもあり、それぞれについて、
おなじみの語り口調で矢継ぎ早に具体的な質問内容を投げかけた。

使用済み核燃料については、
原発事業が成立するかどうかの根源的な問題と位置づけたうえで、

●再処理事業は今後も継続するのか。
●再処理事業が中止となるリスクについて考えているか。
●(使用済み燃料の)中間貯蔵施設は増設されると考えているか。
  それはいつまでなのか。
●最終処分場はいつまでに作られると考えているか。
●(使用済み燃料に関する)将来リスクが見通せないなかで、
  いつまで(関電の原発は)もつのか。リスクを説明してください

と詰め寄った。

将来の経営上のリスクについても、

●家庭用電力の自由化は2年後か。発送電分離は実現するのですか。
●(原発の稼働開始から)40年で廃炉にするルールは?
●新たな安全基準の議論がされているか。
●それによるコスト上昇分はいくらなのか。
●国は発電電力量に占める原子力依存度を15%にする方針を打ち出しています
(編集部注:政府部内でなお複数の選択肢を検討中)が、
関電としては(原発比率を)何%を想定しているのですか。
●2030年の時点で関電の原発依存度は何%なのですか。
●そして、原発は何基止まれば赤字になるのですか。
●政府のエネルギー政策が変わり、原発依存度をゼロにするとなったときに、
  関電はどう対応するのか

とまくし立てた。これらに対し、
関電経営陣の回答は

現在の方針を踏襲するという形式的なものだった。

東電と関電の株主総会は、ともに公益企業という事業内容の特殊性もあって、
自治体株主と一般株主の利益が必ずしも合致せず、
自治体株主の意向が反映されにくいという
大きな「カベ」の存在を見せ付けた格好だ。

次の東京都知事を狙うとされる猪瀬氏と、
中央政界を視野に入れる橋下氏による連合は、
大株主としての立場から東電・関電を大胆な経営改革へと
突き動かしていく起動力になりうるのか、
両氏の政治的な野心に基づくパフォーマンスに終わってしまうのか。
株主総会は来年もやってくる。

2012年6月20日 (水)

橋下市長、中之島図書館廃止発言について

ま、彼の言い方もあろうし、彼への拒否感がある人たちも
多いのでしょうし、マスコミは橋下市長嫌いなのか、
「独裁」と揶揄されるその手法に警戒しているのか、
そんなこんなで、何かを言えば、まずはネガティブな話題になるようです。

いわく・・・

「同図書館は1904年に建設され、その歴史は100年以上。
府民に愛されてきた図書館である」

そんな図書館を橋下ってやつは廃止するんやと!てな空気^^;

そして・・・

「その図書館がなくなる。この衝撃的な発表にネットユーザーは

『ひどい』
『何をいらんことをいっとんねん!』
『中之島図書館の利用者は全然少なくないです』
『貴重な本が散逸しないか心配』
『知識豊富な信頼できる司書がいる図書館がなくなるなんて』
『どれだけ貴重な資料がこの図書館を信頼して寄贈されてきたか』
『多くの方々の善意で集まった蔵書や建物を持つ中之島図書館を
時の市長が経済原理だけで閉鎖して、コレクションの処分をするなんて
許されるのだろうか?』

とまあ、それこそ「何を言うてはるんですか!」と
いうような話をまた新聞が取り上げる。

続きを読む "橋下市長、中之島図書館廃止発言について" »

2012年6月13日 (水)

サッカー・ワールドカップアジア予選、そう昨夜の!

私はサッカーファン歴、まだ3~4年といったところで、
最近、ようやく楽しめるようになってきた初心者です。

初心者なりの「見方」はるのですが、ご紹介する「昨夜の日本VS豪州」解説、
これは「探偵ナイトスクープ」等の構成作家さんである桑原氏の解説文です。

セレッソの猛烈なファンで、彼の誘いで昨年始めてスタジアムに行った私です。
ではどうぞ!

************

きのうはUEROよりもワールドカップアジア最終予選。
とにかくジャッジの酷さに唖然とした「オーストラリアvs日本」戦でした。
プロのリーグ戦なら
「観客の手前、バランスをとりながら娯楽性をキープする」ような笛が吹かれても
「仕方がない。今日はそういう審判に当たってしまったのだ」で済むのですが、
国と国が威信をかけてぶつかる真剣勝負の公式戦で、
主審に独りよがりの演出家を気取られてはたまったものではありません。

ケーヒル選手がさんざん繰り返していた
日本のDFに対する体のぶつけ方が反則でないのなら、
PKを獲られた内田選手のプレーも反則ではないし、
2枚目のイエローで退場となった栗原選手のプレーも反則ではないでしょう。

観ていて「今なぜ笛が鳴ったのか分からない」ことがあまりにも多すぎて、
アラビア語で書かれた絵本でも読まされているような90分でした。
しかも、演出家を気取るのなら、最後の「FKを蹴る前に試合終了」って何なんだ!
あんな演出を蜷川幸雄や野田秀樹に観せられたら客は「金、返せ!」ですよ。

ラグビー会場の荒れたピッチを用意したのは「日本の長所を消し、
自分たちの高さを生かす」というオーストラリアの作戦なんでしょうけれど、
日本はそんな中でも自分たちのサッカーを貫こうとブレなかった。
それはよかったんですが、
本田選手が見せた「GKの直前でワンバウンドさせるシュート」のような、
ピッチの悪さを逆手にとる臨機応変なアイデアがもう少し見たかった気もします。
ああいう荒れたピッチが得意な清武選手の投入が、もっと早めでも面白かったかも。

これが最終予選のプレッシャーなのか、
慎重にいきすぎて「シュートが打てるのに打たない」場面も目立ちましたね。
香川選手とか遠藤選手とか。
今朝のスポーツ報知に長谷川健太さんが
「香川がすごく良かった」「ゴールできなかった悔しさはあるだろうが、
プレー自体には満足できたのではないか」と書いていました。
ときどきこんなボケたこと書く人
(W杯南アフリカ大会の予選のときも、
日本のホームの試合を前に「守備的に戦うべき」と意味不明の持論を展開していました)
なので、僕は「またか」と苦笑。

確かに独特の体を反転させながらのキープや、
動き出す前にチラリと相手を見ただけで
理想のドリブルコースを瞬時にして見つけ出す判断力など、
J2時代から見せてきた「いいときのシンジ」らしさはありましたが、
本当に絶好調の香川選手であれば「絶対にシュートで終わる」はずです。
サッカーは「チャンスを作る」ためにやるものではなく「点を獲る」ためにやるスポーツ。
その当たり前がプレーの根っこにあるからJ2だろうが
ブンデスリーガだろうが同じように活躍できるわけで、
シュートを打てなかった昨日のプレーに満足しているような選手であれば、
マンチェスター・ユナイテッドの“サー”アレグザンダー・チャップマン・ファーガソン監督も
獲得に動いたりしなかったと思います。

きっとシンジ本人は「もっとやれるのに!」という自分自身にイラだったはずで、
今回の最終予選3戦で募った欲求不満を利用できないですかねぇ。
ロンドンオリンピックのメンバーに招集したら「よし!やってやろう!」となるのでは?
膝の状態に問題がなければ本田選手もオーバーエイジで加えて、
本気で金メダルを狙って真剣勝負を戦う。
ブラジルワールドカップに向けて最高の強化の場にもなるはずです。

「オリンピックは所詮、世代別の大会。
ヨーロッパ各国は本気で戦ってこない」などと玄人ぶることで
日本のサッカーが進歩するのなら構いませんが、そうではないですから。
サッカー後進国の日本は、先進国に追いつき追い越すために
あらゆるチャンスを貪欲に生かすべきです。
「なでしこ」に負けないドリームチームを組んで欲しいなぁ。

***********

いかがだったでしょうか。
ほんまあのサウジの審判よ!
演出かましてたんかい!

「なによ?」「なんでよ?」「ありえへん!」
そして挙句に、「そこで終わるぅぅぅぅ?????」

ちょっとだけすっきりした解説でした。

香川には、もっとがんがんいってもらわんことを祈念してます。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »