« 生活保護問題にしても公務員にしても | トップページ | 橋下市長、中之島図書館廃止発言について »

2012年6月13日 (水)

サッカー・ワールドカップアジア予選、そう昨夜の!

私はサッカーファン歴、まだ3~4年といったところで、
最近、ようやく楽しめるようになってきた初心者です。

初心者なりの「見方」はるのですが、ご紹介する「昨夜の日本VS豪州」解説、
これは「探偵ナイトスクープ」等の構成作家さんである桑原氏の解説文です。

セレッソの猛烈なファンで、彼の誘いで昨年始めてスタジアムに行った私です。
ではどうぞ!

************

きのうはUEROよりもワールドカップアジア最終予選。
とにかくジャッジの酷さに唖然とした「オーストラリアvs日本」戦でした。
プロのリーグ戦なら
「観客の手前、バランスをとりながら娯楽性をキープする」ような笛が吹かれても
「仕方がない。今日はそういう審判に当たってしまったのだ」で済むのですが、
国と国が威信をかけてぶつかる真剣勝負の公式戦で、
主審に独りよがりの演出家を気取られてはたまったものではありません。

ケーヒル選手がさんざん繰り返していた
日本のDFに対する体のぶつけ方が反則でないのなら、
PKを獲られた内田選手のプレーも反則ではないし、
2枚目のイエローで退場となった栗原選手のプレーも反則ではないでしょう。

観ていて「今なぜ笛が鳴ったのか分からない」ことがあまりにも多すぎて、
アラビア語で書かれた絵本でも読まされているような90分でした。
しかも、演出家を気取るのなら、最後の「FKを蹴る前に試合終了」って何なんだ!
あんな演出を蜷川幸雄や野田秀樹に観せられたら客は「金、返せ!」ですよ。

ラグビー会場の荒れたピッチを用意したのは「日本の長所を消し、
自分たちの高さを生かす」というオーストラリアの作戦なんでしょうけれど、
日本はそんな中でも自分たちのサッカーを貫こうとブレなかった。
それはよかったんですが、
本田選手が見せた「GKの直前でワンバウンドさせるシュート」のような、
ピッチの悪さを逆手にとる臨機応変なアイデアがもう少し見たかった気もします。
ああいう荒れたピッチが得意な清武選手の投入が、もっと早めでも面白かったかも。

これが最終予選のプレッシャーなのか、
慎重にいきすぎて「シュートが打てるのに打たない」場面も目立ちましたね。
香川選手とか遠藤選手とか。
今朝のスポーツ報知に長谷川健太さんが
「香川がすごく良かった」「ゴールできなかった悔しさはあるだろうが、
プレー自体には満足できたのではないか」と書いていました。
ときどきこんなボケたこと書く人
(W杯南アフリカ大会の予選のときも、
日本のホームの試合を前に「守備的に戦うべき」と意味不明の持論を展開していました)
なので、僕は「またか」と苦笑。

確かに独特の体を反転させながらのキープや、
動き出す前にチラリと相手を見ただけで
理想のドリブルコースを瞬時にして見つけ出す判断力など、
J2時代から見せてきた「いいときのシンジ」らしさはありましたが、
本当に絶好調の香川選手であれば「絶対にシュートで終わる」はずです。
サッカーは「チャンスを作る」ためにやるものではなく「点を獲る」ためにやるスポーツ。
その当たり前がプレーの根っこにあるからJ2だろうが
ブンデスリーガだろうが同じように活躍できるわけで、
シュートを打てなかった昨日のプレーに満足しているような選手であれば、
マンチェスター・ユナイテッドの“サー”アレグザンダー・チャップマン・ファーガソン監督も
獲得に動いたりしなかったと思います。

きっとシンジ本人は「もっとやれるのに!」という自分自身にイラだったはずで、
今回の最終予選3戦で募った欲求不満を利用できないですかねぇ。
ロンドンオリンピックのメンバーに招集したら「よし!やってやろう!」となるのでは?
膝の状態に問題がなければ本田選手もオーバーエイジで加えて、
本気で金メダルを狙って真剣勝負を戦う。
ブラジルワールドカップに向けて最高の強化の場にもなるはずです。

「オリンピックは所詮、世代別の大会。
ヨーロッパ各国は本気で戦ってこない」などと玄人ぶることで
日本のサッカーが進歩するのなら構いませんが、そうではないですから。
サッカー後進国の日本は、先進国に追いつき追い越すために
あらゆるチャンスを貪欲に生かすべきです。
「なでしこ」に負けないドリームチームを組んで欲しいなぁ。

***********

いかがだったでしょうか。
ほんまあのサウジの審判よ!
演出かましてたんかい!

「なによ?」「なんでよ?」「ありえへん!」
そして挙句に、「そこで終わるぅぅぅぅ?????」

ちょっとだけすっきりした解説でした。

香川には、もっとがんがんいってもらわんことを祈念してます。

« 生活保護問題にしても公務員にしても | トップページ | 橋下市長、中之島図書館廃止発言について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活保護問題にしても公務員にしても | トップページ | 橋下市長、中之島図書館廃止発言について »