« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

新聞の見出しを考える

新聞の見出しには、それをつけた編集者か記者かの
「意図」なり「意思」なりが反映されている、と思います。

例えば、
「『橋下!辞めろ』怒号、
場外では山本太郎さんシュプレヒコール…震災がれき受け入れ説明会」

(8/31産経新聞)

内容は、岩手県宮古地区のがれき最大3万6千トンを受け入れのための
住民説明会で、こんなことがありました、てなことです。

「怒号」を上げた連中側のような見出しに思える。

『説明会には約440人が参加。妨害行動に備え、
会場内外に警察官らが配置され、入場前に手荷物検査も実施。
しかし、説明内容に不満を示して橋下市長に走り寄った男性が制止されたほか、
辞職を求めて「辞めろ」という掛け声が始まるなど会場は騒然とした』

のだそうです。
妨害行動て。こういうのも「権利」として認められてる?んなアホな。

賛成派VS反対派で、よく見られる光景ですが、
「これが当たり前」と麻痺して眺めていてはいかんように思うてます。

だって、彼らは「反対することに意義がある」という皆さんらしい^^;
らしい、てのが弱いなあ。実際に会うて取材してないとこうなるなあ^^;

それでもね、怒りや憎悪をエネルギーに、
やいやいやって、それはそれで「波及効果」があるからでしょうが、
テレビで時折みる、それらの連中の顔つきの醜いことよ。

声を上げる!デモをする!
自らの正しいと思うことを、行動によって示すにはそれなりに方法もありますが、
結局、「徒党を組む」しか、人数をパワーにするしかないなんて。

で、10万人デモが行われようが、それが「大多数の意見」ではありませんで、
100万人規模のデモが起こったら、これはかなりの大多数を反映してる、
と個人的には思うけれど、果たして、その実態は科学的に実証されるような
もんなんやろうか?

空気を作る、その空気にのる人達があつまる、それが大多数の意見のように
「大きな声」を発する・・・またやってるわ、と私は思う。

他にやり方ないんかい、と私は思う。
政治家の役割は、国民、市民の意見を反映させることだと思いますが、
そこがどんならんので、「よし!市民の出番だ!」か。

その手の連中は、「いざ!国民の出番だ!」とは言わない。
私は「大阪市民」で「日本国民」ですが、所在の知れない「市民」では
ありません。いろんなところに、「いろんな仕掛け」があるようで注意せな。

で、新聞見出し。

●がれき受け入れ説明会、騒然!

てな見出しではいかんのやろうか?弱いの??
「橋下」という名前がある方がキャッチーで興味をもたれやすいから?

「山本太郎さん、シュプレヒコール」も、よう分からん。

結論。有名人の名前を出すことで耳目を集めたい、
そんな意図が溢れた見出しだ、です。

瓦礫受け入れの是非を読者の投げかける「見識」はない、
「いえいえ、そんなことを目的とした記事ではないのですよ」
ということなら、「内容のない記事」らしく地味な見出しにせんかい!


2012年8月22日 (水)

菅直人という人物

去年の6月か、退陣するせんで追い込まれてた菅直人に
孫正義が「あと10年くらいは総理を続けて欲しい」と
見ていて吐き気がするような笑顔を菅に見せた。

ああ、この人は、こんなことが平気で言える人なんだと、
依頼僕は、孫正義を信用しなくなった。
例え、稀代の経営者だったとしても。

さらに、孫に「気色悪いほど」持ち上げられているのに、
こちらも「満面の笑み」で応えていたのが菅直人。

ああ、この人の笑顔は、例えどんな状況であろうとも
「いい笑顔」ができるほどに「鍛えられた」ものか、
そもそも、こいつには良心などないか、あったとしても
己の野心の前には毛ほどのものなんやろうと思った。

菅は市民活動家だった。
60年安保のデモにも参加し、最前列ではなく、いつでも逃げられる位置で
やいやい言うだけいい、実際に逃げたそうだ。

菅は首相になった。戦後の首相として最低最悪の首相、
彼が「底」だったと祈りたい。

菅は、その責任を感じることもなく、脱原発!と胸を張った。
3月11日後の、まさに危機の中にあって、彼の目がうつろだったことを
とても覚えている。おそらく鬱か何かの状態だったのではないかと
思ったくらいだ。

菅はあの時の首相として責任など感じていないのだろう。
「原子力村」のせいにし、東電のせいにし、そんなトップを前に、
東電も責任ある対応をするやろうか?ま、その体質はあるにしても。

ここからですわ。
これまでの新聞、テレビ報道、そしてテレビを見ながら「こいつ」の顔を
言動を聞いてきただけの素人判断ですが、菅は狂っている。
いや、狂ってはいない。

すり替えの天才。

※注・・・↓ここからは若干またテンション上がり気味です^^;

続きを読む "菅直人という人物" »

2012年8月14日 (火)

東京五輪へ

来年9月に2020年の候補地が決まります。
さあ、東京オリンピック実現へ!と思いはしますが、
さて、どんな五輪にするのか。

産経8/13夕刊の1面記事では、
「2020年招致を目指す東京にもお手本を見せた」
「そのもてなしと遊びの精神こそ『テーマなき五輪』
 と揶揄されたロンドンの最大の特色」と。
解ったような判らんような^^;

ボランティアスタッフのコメント、
「この五輪はモダン・ロンドンのレガシー(遺産)になった」
と開催の意義を強調したそうです。
これも判ったような分からんような。

そして
「ビートルズのいない国(日本)で、世界をどううならせるか。
 試練は招致成功後に待つ」と結んでいます。

続きを読む "東京五輪へ" »

2012年8月13日 (月)

ロンドン・オリンピックの開閉会式に感じたこと

ジョン・レノンに、フレディ・マーキュリーに、ザ・フーに、
ブライアン・アダムスに・・・
閉会式は、も?ロックなノリで盛り上がったようです。

開会式は「これまでの英国の歴史」演出でした。
偉大な国家、英国!てな。ええなあ、素直にあんなんできて^^;

さて、しかし。
結局は、自分らがいかに好きなようにやってきたかってことちゃうん?
と、少々感じたのであります。
少々、というのは、ま、あまり水を差すのも野暮やし、って思いですが。

大航海時代があって、植民地をようけ持って、富を集めまくり、
産業革命でさらにイケイケとなり、大戦後はアメリカにその地位を
取って代われたけれど、西洋・欧米の「世界支配」というのか、
世界戦略にこっちはかなり翻弄されてきて。

よう「世界はひとつ」的なことが言えるもんや、というのもあります。
南米でむちゃくちゃして、北米を奪いとり、アフリカから奴隷を、
インドにしても、中国なんてイギリスに薬漬けされて。中東も。

別に日本は・・・なんてことは申しませんが、
静かに暮らしてはった人たちのところに、いきなりやってきて、
まあ、殺す殺すわ、奪うわ奪うわ、というてもええでしょうに。

日本はそういう酷い目に合わずに来ました。
それだけの国力、人間力、文化など、相手に対応を変えさせる
だけのもの、雰囲気が溢れていたのかと思います。

何故、こんなことを感じたのかと申しますと、
どうもこの先、いろいろともめ事が増えていきそうで、
近隣国とのことはもちろん、面倒くさいですが、いろんなことを
見極めていく、用心深く考える、てなことが、政治家でもない
一般の国民にとてお必要で、重要な時代にきてるように思うからです。

私ごときが心配してもしょうがないのですが、
ただ私は「こんな世の中はいやだ!」と個人的に思い、
「こんな世の中がいい!」とあれこれ妄想もし、
それには「いやん、あまりに知らなさ過ぎたやんかいさ」と
反省もする53歳^^;自慢にもならん><ええ年こいてます。

という、なんていうのか、基本は「個人的な思い」があり、
それが強く、全体主義なんてことは嫌で、しかし過半数が社会を
動かしていくのなら、少なくとも「自分にとって心地がいい社会」を
共感しあえる人たちが過半数になってもらわんと、居心地が悪い。

で、それには、国内において価値観の違う人たちとすら共有できる、
それは「事実」ということになるのかな、そういうものを積み上げて
いくしかないのではないかと思うのです。

やはり歴史を知る、我が国の成り立ちを知ることからかと。
日本人は外国のことが好きです^0^
ならば「世界に類をみない歴史好きな日本人」
「自国のことだけでなく、あら!そんなに外国の歴史もご存知なの?」
と驚かれ、尊敬もされる日本人。
この辺が、普通の、一般人にもできることかな。

日本人くらいやないですか?
中国の歴史を結構知ってる外国人、
アメリカの独立記念日を知ってる外国人、
この際、韓国の歴史も知っていきましょう。

子供達への教育も、国語・・・いや日本語に歴史に、算数、
この辺を基礎勉強として徹底すれば、
かなり質の高い日本人が多数になる、
そういう空気感が、敬意を払われることにも繋がる、
もちろん我々は、外国の歴史を知れば知るほど、
敬意を払う度合いが増える、世界平和に近づける?
まあ、なんていい関係ができあがるのでしょう!

なんて、妄想をしたりしてます。
経済中心の世界から、教養中心の世界へ・・・なんて無理なんかなあ。
自分の教養に自信がないどころか、教養といえるようなもん、
ないなあ^^;

和歌ひとつ出てけぇーへんもなあ。
俳句ひとつ詠めんもんなあ><

そや。ロンドン・オリンピックに感じたことやった^^;

我々が、自信を持って「欧米さん、こっちへ行きません?」
「こっちの方が、お互いにええ道やと思いまっせ」
「そこそこ世界平和へは、いつまでもあんたらの論理では・・・」
と、言えるようになりたい^0^
なろう!ニッポン!!^0^


「親日派のための弁明」より1

何故韓国はあれほどまでに反日なのか。
以前なら「あの戦争」「植民地支配」などの過去のできごとが
原因だと、私自身もなんとなく、そして特に考えもせずにきた。
そして、それでも「なんでかなぁ〜」と納得できないものを感じてきた。

2002に出版された「親日派のための弁明」。
これを買ったのはいつのことやったろう?
2002年ではない。5、6年前か。

買った当初はまだまだ、どう捉えていいのか、こちらの知識も少なく、
自国の歴史に対しても、ようやく「もっと知らねば」という段階だったと思う。

それなりの知識、情報は得てきたつもりでもあるけれど、
それは漫然と・・・というのか、経験上、といっていいような、
あと一歩踏み込むには知識が足りなかった。

今日、改めて読み始めた。
冒頭、著者の金氏は、「かつて強い反日感情があった」
「日本語を使う人をみると不愉快になった」と言い、
しかし、それが転換したのは海外旅行の結果だと。
海外から自国をみたら、こらどうも違うと。

実物の日本人にも会い、彼の予想に反して「洗練された人たち」で、
韓国人と比べて立派な点が多くることを「知った」そうです。
そして「バランスの取れた認識」を持てるようになったそうだ。

日本に来ているK-POPの子達も、そうなってくれれば良いが。
韓流スターの人たちも。

続きを読む "「親日派のための弁明」より1" »

2012年8月 4日 (土)

なでしこサッカー

しつこいですが^^;
今日の産経夕刊トップは「なでしこ4強」。

ええ感じで記事を展開していこうとするが、南アフリカ戦は、
やはり「凡戦」だったそうだ、産経には。

凡戦?予選リーグの試合には「素晴らしい試合」はあるけれど、
それは1戦、2戦くらいで決勝トーナメントが決まったチームの試合は
先日もやってたユーロも、W杯も「凡戦」ばかりさ。
というか、凡戦ではなく「そういうもの」やんかいさ。
サッカーファン歴少ない僕でも分かるやんかいさ。

で、産経新聞は、「引き分け狙い」を批判的に報道し、
リンクしましたWEBとは夕刊記事は内容が少々違うのですが、
夕刊では「日本のファンの期待を担う『なでしこ』は常にひたむきで、
清く正しくあらねばなかった。引き分け狙いは、それを裏切った行為と
とられかねなかった」て、アホか。

「清く正しくあらねばならない」なんて、ファンタジーやと
多くの「サッカーファン」は知っているさ。
サッカーを知っている者が説明すれば、サッカーを知らない多くの人を
納得させることができるのも関わらず、マスコミがそれをしないだけ。

「清く正し」くあって欲しいのは誰?マスコミか?
どういうプレッシャーやねん。

例え国民が「清く正しい」も求め、過剰に批判したなら、
マスコミこそは「いや違うんだよ」と専門家がちゃんと報道すべき、
それが何故できない!?
政治家を「大衆迎合」と批判するその筆で、
自ら大衆迎合すぎるのではないか?

そして選手のコメントを載せる。
「監督が責任をすべて背負ってくれた」
「監督の気持ちは伝わってきた」
「勝って、周囲に何も言わせないぞ、という気持ちだった」

と、ドラマ的に盛り上げ、結ぶ。
「『なでしこ』がまた一つ頂点に近づいた」

なに!この予定調和的な、オナニー的な結び。
ほんまレベルが低い。もうね、バレバレですわ。
なにを己が気持ちよーなっとねん!
的確に、正確な情報を、本質を報道せんかい!!!
いまさらなんじゃ!批判した舌の根も乾いてないぞ!

一応、言うときますが、産経は思想信条的に近いので
これからも産経を応援しますが、それだけに!です。

さらに、夕刊ではこの記事の横にブラジルの談話。
「王国落胆」・・・あほか、王国は男子や!
ブラジル監督談話「優勝候補と呼ばれるにふさわしくない」
そうさ、スペインの無敵艦隊のような実力はまだないわよ。
だから、鬼のように死にものぐるいで戦っているんです。
選手の負担を減らす、可能な限りの事をする、
そうでないとまだまだなんです。ごめんね、ブラジル!

お宅ら「王国」というのなら、いや、新聞が「王国」というなら、
どんな状況でも勝ちなさいよ。何を負け惜しみを「さも!」みたいな
感じで、真横に載せてるのよ。
意図バレバレ。あの引き分けを良しとしていないマインド。
やのに、それを隠す。それが大衆迎合やと。反省せい!ほんまマジで。

今回のなでしこ報道で、僕はよく分かりました。
産経が批判してきた朝日新聞もよう似たもんでしょう。
似てるから相手の「欺瞞」がよく理解できる。

朝日はもっと酷いと、僕は認識してますし、
毎日新聞も・・・すいません、そう思いますわ。

「新聞を疑え!」広告を自社紙面に出したこともある産経です。
ええその通り。疑う。疑うから、批判し、「おかしい!」と言うていく。

先日知り合った、毎日新聞の事件記者は
「新聞は信頼」と真面目に言うてました。
そんな記者も多いと信じてます。

でもね、信頼はかなり崩れてきてますよ。
その原因は、「高見の見物」をしているからかも。
本質を見極めようとするより、先に「紙面を埋める」ことに
追われているからか?

分かりませんが、もっとね、外の、業界外の人とつき合いなさい。
ほんまそう思います。マジ、頑張ってくれよ!


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »