« ナレーションの役割 | トップページ | なにかと面倒くさい世の中 »

2013年5月24日 (金)

日本は相当恐れられている、てことかいな?

2013.5.24産経「正論」~杏林大学名誉教授・田久保氏

「21世紀最大の課題は中国の軍事的膨張であり、
価値観をともにする2期目のオバマ米政権と日韓両国の新政権が、
その中国と平和裏にいかにいい関係を続けていくかだと思っていた。

ところが、あっという間に、諸悪の根源は、
安倍晋三内閣閣僚を含めた日本の政治家の靖国神社参拝や、
『侵略の定義』に関する安倍首相のコメントや、
他の政治家の慰安婦発言になってしまった。
日本に対し米中韓の3カ国が手を組んで非を鳴らしている構図である」

これもNHKなど日本のマスコミ、左翼政党に言わせると、
「まさに、そうじゃないですか!」てことか。

日本国憲法は、
 米誌「ニューズウィーク」の外信部長だったハリー・カーン氏は
 同誌の1947(昭和22)年6月23日号で予言していた。
 「アメリカは、自らと連合国側の国益を守るために、
代表して、日本が二度と欧米中心の秩序に挑戦することのないよう
強い意志をもって憲法草案の作成にあたらせた」
ということで「作られた」憲法だそうです。

大東亜戦争は、欧米中心の秩序に挑戦した戦争やったということです。
その挑戦に敗れた、と。無謀な挑戦やった・・・。
欧米の秩序への挑戦」と日本が認識していたら、やりようはあったと思う。

さて。
中国は3月にこんなことを言うとります。
 3月13日(水)18時18分配信
 【北京時事】中国外務省の華春瑩・副報道局長は13日の記者会見で、
安倍晋三首相が極東国際軍事裁判(東京裁判)について
「勝者の判断で断罪された」と発言したことに対し、
「日本国内には大戦の失敗を受け入れず、
戦後の国際秩序への挑戦を企てる勢力がある」と批判した。

 華副局長は「(東京裁判は)国際社会が
日本の軍国主義に対し行った正義の審判であり、
戦後の国際秩序の重要な基盤をつくった」と主張。
「日本は歴史を直視し、深刻に反省してこそ、
アジアの隣国との関係を良くすることができる」と強調した。 

正義の審判か、勝者の断罪か。
勝者の断罪に決まってますやん!と素人の私は普通に考えて
そう確信してますわ。

まあ、勝手なことを・・・と。
戦争に明け暮れてきた連中が、その時々で作ろうとしてきた
「秩序」は、戦勝国が常に主導権を握る、という当たり前の流れ、
自分とこがいかに得するか、儲かるかてなことで
決められてきたのは間違いないやん。

ま、それはさておき。

「欧米中心の秩序」をいうアメリカと、
「戦後の国際秩序」を持ち出した中国と、
いまや中国べったりかい!な韓国と、
利害が一致したのやろう、

日本に対し米中韓の3カ国が手を組んで非を鳴らしている構図

なんでや?
それほど日本を恐れているのかい?
それとも、日本の富を奪っていく戦略的互恵関係てか?

両方かも><
うわ~、そんな気がする~

あの戦争でボッコボコにされたのに、
あれよあれよと経済大国になった・・・

1960年代には第2位になってます。

それだけならまだしも、アメリカを脅かすほどの
経済力、技術力を持った。

日本車がアメリカ人にボコボコに潰されてる映像、
あったなあ><

挙句は、JAPAN AS NO.1やと。

ドルショックに、石油ショックも乗り越えた、
貿易摩擦で締め上げられたのに、80年代後半には
それはそれはの勢いやった。

アメリカ:大概のことはやったのに、いつもゾンビみたいに
蘇る日本って!!

え?ひょっとして、以前から「日本抑え込み」を
仕掛けられてた?あれもそれも、えー!あれも??

バブル崩壊もそうやで、きっと!
その後の体たらくも!

そうやわ、俺ら、知らんかっただけやわ・・・
と妄想は膨らむ^^;

日本は恐れれている・・・とするならば、
それを逆手に取りつつ、なんとかうまい具合にやっていく方法は
ないのやろうかと思うのやがなあ。

日本単独で、またまた「秩序に挑戦」なんてことをしたら、
それこそ今度こそ立ち直られへんと思う。

しかし、いうべきは言い、なめられないようにせんことには
どんならん。

弱みは、それを狙う国があるという現実の前に
見せてはいけないということを知らんと。

ヤクザが存在するのは、実は世界の政治って
ヤクザ以上やったからやのね、と納得してます。

私は思う。
日本は世界の国々の中で、かなり誠実な国、
政治をしているのやないかと。
そら、「おい!!」と突っ込むことも多いけれど。
あんた、どこの国の政治家や!と思うことも多いけれど。
それでも、かなりええ方なんやないかいな?

そんな日本がブキミなんかなあ^0^



« ナレーションの役割 | トップページ | なにかと面倒くさい世の中 »

コメント

我が国の教育者は、教育改革という大きな課題を、子供だましの英語の勉強でお茶を濁そうとしている。
我が国の大の大人は失言により、国際舞台で大恥をかいている。
日本人は、正しい考え方を知らない。
だから、個性を発揮することもままならない。

過去の内容を反省し、それを理由にして未来社会への強い決意を示せば偉大な指導者になる。
ただの犯人探しに徹すれば、大江戸・捕り物帳の時代に舞い戻る。
世界は、建設的な態度を示す人間に期待を寄せている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

最近思うんですが、もし、日本、中国、韓国、台湾の四カ国がEUのような経済圏を作ったらどうなるのか。それは米国にとって経済面でかつて無いほどの脅威になる。
と考えると、中韓の反日教育は米国主導で、東アジアの結束を弱体化させるための1つのカードなのかもしれない。そう考えると先日のオバマ訪韓の際の慰安婦問題への言及にも納得がいく。
先人が夢見た大東亜共栄圏は未だ夢のまた夢として、今日本がすべきことは、
1、自力での国土防衛
2、周辺諸国との、軍事面、経済面での協力関係の樹立。
この二つが一丁目一番地。
これが出来ないと、ベトナムやお隣の半島のように国家が分断される日も近い。
獰猛な猛獣を飼いならすには猛獣使いの強さを教え込ませること。その上で仲良くなればいいではないか。縄張りを拡げんと周辺地域にションベンをまきちらし、他所の家の食料を食い散らかし、口を開けば咆哮と罵詈雑言。そんな野獣には絶対に背を向けてはいけない。
米軍という盾の後ろで震えているだけの日本。いつまでも軍事、経済、金融面でアメリカ頼みいや、アメリカに収奪され続けでいいようにやられてていいんでしょうか。
東アジアの発展のためにも、日本は「普通の」国家を目指すべきだ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナレーションの役割 | トップページ | なにかと面倒くさい世の中 »